大きくする 標準 小さくする

受験体験記

上智大学の入試制度について

 
上智大学ラグビー部には、現役、浪人を問わず様々な入試方法で部員が集まっています。
ここではその一部を部員の体験記を交えながら、紹介したいと思います。
これを見れば、合格に一歩近づくかも!?



 
一般入学試験

通常行われている入学試験です。 部員の約半数がこの方法で入学しています。

学部によって教科、科目が異なり、面接が課される場合もあります。















 
 


渡辺 憲生の場合

国学院久我山高校出身
外国語学部イスパニア語学科
ポジション:FL  No.8


♦上智大学を志望するようになったきっかけは?
両親が上智だったので小さな頃から漠然と憧れていました。
 
♦その学部、学科を選んだ理由は?
現役時代にAO入試に落ちた時、浪人するからには自分のやりたいことを勉強したいと思いました。
海外、特に南米に興味があったのでイスパニア語学科を志望しました。
 
♦受験の必勝法は?
とにかく勉強時間の確保と、根性出して歯を食いしばって勉強するしかないと思います。
その意味で、高校時代経験したラグビー部でのしんどい経験が活きる部分もあったと思います。

♦学業とラグビーの両立はできている?
空きコマや練習後に図書館で勉強しています。長期オフにはスペインへ短期留学にも行きました。

♦大学ではどういう勉強をしているの?
文法から会話までイスパニア語を泣くほど勉強します。それに加えてイスパニア語圏について幅広く勉強しています。

♦ラグビー部の雰囲気はどう?
下級生でも関係なく意見できる環境でオンオフの切り替えが上手いです。

♦勉強がつらくなったり、モチベーションやテンションが下がった時はどのように乗り切る?
スポーツ選手が死ぬほどキツそうな練習をしている動画を見ていました。
この人たちと違って受験生は勉強するだけで走らなくていいんだと思うとやる気が出ます。

♦上智大学合格に一番大切なことは?
自分が受かると信じ込むことです。




 
指定校推薦入試
 
高等学校在学中の学習成績、課外活動、社会活動など、一回限りの学力試験では評価しがたい資質能力を調査書や自己推薦書等で判断するとともに
面接によって志望動機の強さや、学科への適性を判定する試験形式です。


原田 涼太の場合
本郷高校出身
理工学部情報理工学科
ポジション:WTB


♦上智を志望するようになったきっかけは?
高校に指定校推薦が来たからです。元々上智大学を志望していたので最適でした。

♦その学部、学科を志望した理由は?
コンピューターの仕組みや、プログラミングに興味があったからです。

♦受験の必勝法は?
指定校推薦は学内で選考されるので、まずは学校の定期テストでいい結果を出すことです。普段の授業から集中して取り組んでいました。

♦面接、論文対策は?
面接の対策では質問されそうなことをあらかじめ考えて対策をしました。
自己推薦書はAO入試を経験した先輩や学校の先生などに添削してもらいました。

♦学業とラグビーの両立は出来てる?
部活は授業優先なので両立することができます。部内の先輩に授業の取り方を教えてもらうこともあります。

♦大学ではどういう勉強をしているの?
自分は理工学部情報理工学科に所属していて主に、プログラミングや数学を勉強します。上智で唯一自分のパソコンが支給される学科です!

♦ラグビー部の雰囲気はどう?
自分はラグビーが初心者ですが、そんな僕でも楽しくラグビーをしています。先輩は優しく色々なことを教えてくれます。また部活中、それ以外の時間でもみんな仲がいいです。
 
♦勉強が辛くなったり、モチベーション、テンションが下がったとき、どうして乗り切る?
目標をしっかり持ち続けていれば、辛い時でもそれに打ち勝てると思います。

♦上智合格に1番大切なことは?
日々努力すれば必ず入れる大学だと思います。




 
カトリック高等学校対象特別入試
 
日本カトリック学校連合会に加盟する高等学校に在籍し、本学への入学を第一志望とする者。
一定の評定平均値と各種外国語検定試験いずれかの成績が必要とされ、その上で学部ごとの面接が課されます。


杉山 大斗の場合
静岡聖光学院高校出身
経済学部経済学科
ポジション:FB


♦上智を志望するようになったきっかけは?
中・高6年間倫理の授業でキリスト教を学び、具体的には分かりませんが、心落ち着くものを感じました。同じカトリックの教えを実践されている上智大学で学びたいと考えました。

♦その学部、学科を選んだ理由は?
広告、マーケティングに興味があったからです。語学力を鍛えられるということも魅力でした。

♦受験の必勝法は?
学業の成績に加えて、部活動の成績・委員会、ボランティア等の課外活動の実績等も大事だと思います。

♦面接、論文対策は?
面接は練習を繰り返しました。志望理由書は高校の先生に添削して頂きました。

♦学業とラグビーの両立は出来てる?
両立出来ます。上智大学ラグビー部は文武両道を目指せる環境です。

♦大学ではどういう勉強をしているの?
経営に関する専門知識を勉強しています。教養科目ではスポーツ等も学べます。

♦ラグビー部の雰囲気はどう?
先輩も優しく、同期も仲が良いです。一人暮らしをしているので、部員が家に遊びに来ることもあります。

♦勉強が辛くなったり、モチベーション、テンションが下がったとき、どうして乗り切る?
友達や家族と話して、気分転換をしていました。これからの大学生活を考えることも良いと思います。

♦上智合格に1番大切なことは?
100%本気で取り組むことだと思います。真田堀のグラウンドで待っています‼︎

新入生向けコンテンツ