大きくする 標準 小さくする

ブログ

<<前へ次へ>>

1年 伊藤舜[選手ブログ]

投稿日時:2019/08/14(水) 15:00





総合グローバル学部総合グローバル学科1年伊藤舜です。

僕が高校でラグビーを始めたきっかけは、中学で僕が所属していたサッカー部の先輩からの誘いでした。

その先輩たちはとても良い人ばかりでその人柄も入部した理由の一つでした。

そして今年の春、上智大学に入学したのですが、僕は上智大学にラグビー部があることを新歓の時に初めて知りました。それまではサークルをどれにしようかと考えていた自分に新しい選択肢が増えました。部活。サークルより厳しいし、何より自由が制約される。周りの学部の友達は続々とサークルを決めていく中で僕はとても悩みました。サークル、部活どちらも魅力があったからです。

しかし上智ラグビー部の練習を見て、僕の中で高校の時のモヤモヤが蒸し返してきました。というのも僕の高校のラグビー部は人数が少なく常に人数を気にしながら練習をしなくてはならなかったので大人数でラグビーの練習をしてみたいという気持ちがありました。その感情は僕をどんどんラグビー部に寄せて行きました。

新歓に行った際も、先輩方は親身になって話をして下さったり、人柄のいい方ばかりで高校の入部を決めた時のような感情になりました。また新歓練習の際も同期は大人数で高校の時とはまるで違う雰囲気でした。そんなこともあって僕はラグビー部に入部しました。

現在でもまだ至らないところの多い僕に色々と教えてくださる先輩方にはとても感謝しています。この恩を返すためにも僕はこの夏シーズンを全力でやりきろうと思っています。

 





 

2年山本茉由[選手ブログ]

投稿日時:2019/04/09(火) 18:15

こんにちは。総合グローバル学部総合グローバル学科新2年山本茉由です。

大学に入学して、ラグビー部に入ったのがもう1年前なんて信じられないくらいあっという間で充実した1年でした。
授業にバイトに部活に友達と盛りだくさんな大学生活ですが、やはり1番大きいのは部活の存在です。テキパキ動くための修行として某ハンバーガー屋さんでのスマイルのバイトを始めたり、初めて触るテーピングに苦戦したり、キャラの濃い人ばかりのプレーヤーの先輩や同期、たくさん仕事を教えていただいた先輩マネージャーとの関わりなどなど、仕事はもちろん、それ以外にも学ぶことがたくさんあったなと思います。そして何より同期マネージャーに出会えた事が大きな支えになっていると感じます。

部活で会うのはもちろん、同じ授業やオフの日に出かけたりと、一緒にいすぎなくらい一緒にいます(笑)家族より長い時間一緒にいる同期マネージャーの中では、お父さん、お母さん、お姉ちゃんと、不思議と家族構成が出来上がっていて…(笑)(ちなみに私は犬らしいです笑)そんな同期に出会えた事が本当に幸せだなと思います。

まだまだな私ですが、これからもラグビー部を一生懸命サポートしていけるよう努力し、成長していきたいと思っています。よろしくお願いいたします!

2年台直也[選手ブログ]

投稿日時:2019/04/08(月) 18:11

こんにちは!法学部法律学科新2年の台直也です。 

 私は幼稚園から高校までサッカーをしていましたが、大学からはラグビーを始めました。大学入学時には体育会に入らず、大学生活を法律の勉強に捧げようと考えていました。しかし、新歓でラグビー部に入部を誘われ、新歓に参加し、実際にラグビー部の雰囲気を感じたとき、この人達と一緒に戦おうと自然に思い、ラグビー部への入部を決めました。つまり、僕が入部を決めた最大の要因は「人」です。ラグビー部の先輩、同期のことを魅力的に感じたから、経験の無いラグビーを始めることを決めました。

 そして、今はとても充実したラグビー生活を送れています。先輩、同期にアドバイスをもらい、練習に取り組んでいます。同期には日々感謝することが多いですが、人の個人情報をメンストで大声で拡散する習性を持った人もいるので注意も必要であると感じています。今はゼロから始めたラグビーだからこそ、自分の弱みや、反対に自分の強みを分かることができ、色々な意味で成長できるのではないかとも思っています。

 ラグビーはとてもキツく、激しいスポーツだと思います。だからこそ熱くなれます!このチームに入って、必ず試合で勝つという入部時の目標を達成するために、頑張りたいです。

2年三輪紗由季[選手ブログ]

投稿日時:2019/04/07(日) 00:55

こんにちは。法学部地球環境法学科 新2年 三輪 紗由季です。
私の所属する地球環境法学科は70人ほどの小さな学科です。法学部は、期末試験100%の必修科目が多く、テスト週間になると図書館に篭りとにかく必死で勉強します。
ラグビー部では基本的にテスト期間に入る2、3週間前には練習がオフになるため、勉強との両立も可能です。

私は去年の4月に名古屋から上京し一人暮らしをしています。ラグビー部では一人暮らしをしている部員が多く所属していたため、先輩からアドバイスをもらいながら一人暮らしを楽しんでいます。

中高6年間バドミントン部にプレイヤーとして所属していた私は、自分が経験したことのないことに挑戦したく、マネージャーを選択しました。最初はマネージャーが私に合っているのかどうか悩むこともありましたが、ラグビー部の個性豊かな同期や、先輩に支えられ、充実した大学生活を送ることができています。

2年新拡樹[選手ブログ]

投稿日時:2019/04/06(土) 18:09

 こんにちは。上智大学ラグビー部新2年の新拡樹です。 
 
 僕がラグビーを始めたのは高校からで、きっかけは友達に誘われたことからです。高校の部活は厳しく、心が折れそうになったこともなんとかありましたが、なんとか3年間続けることも出来ました。

 そして、受験勉強を乗り越え上智大学に入った迄はいいのですが、大学のラグビー部に入るべきか最初は大いに悩みました。部活動に入ってしまうと大学生活を謳歌出来ないのではないか、と思ったからです。大学生といえばサークルに酒、恋愛に現を抜かすものであり、僕も恥ずかしながら興味がありました。

そんな僕を熱心に勧誘してくれたのが高校からの先輩である鈴木先輩と君島先輩です。体験に行って見た彼らの真摯なラグビーへの姿勢、大きな背中、紳士としての教養は素晴らしく、こんな人間なりたいと思い入部を決意しました。

当たり前ですが、2人は先輩なので自分より早く卒業してしまいます。特に、鈴木先輩は今年で最後です。だからこそ今までの恩に報いるためにも今シーズン、自分なりのベストを尽くして頑張っていきたいと思います。

最後まで読んで頂きありがとうございました。


 
<<前へ次へ>>

bloglink

ブログ最新記事